VОICE (利用者の声)

《ぢおら農産物導入事例》

★保育園導入事例 

  宗像市陵厳寺 社会福祉法人 巖松福祉会 ひかり幼育園

1.ぢおら農産物導入前は、いかがでしたか?
ひかり幼育園では、創立以来(1975年)、有機野菜を中心とした給食を子どもたちに提供してきました。当時は、初代園長が業務のかたわら、近くの畑を借りて野菜を作り、放し飼い・自家製飼料で育てたニワトリの卵などを、給食室に毎日届けていました。その後、野菜作りを引き継いで10年以上有機野菜を作ってくれていた方が、県外へ引越しとなり、今後どうしたものかと悩んでいました。そうした中、一昨年新宮で開かれたオーガニックフェアで、宗像市内の有機農家のステキな方々と出会い、ぜひ子どもたちの給食に!とお願いしたところ、ご快諾頂いたことが現在のつながりとなっています。

2. ぢおら農産物導入の動機を教えてください。
0歳児から就学前のもっとも大切な時期の乳幼児に関わる保育園として、その子のこれから生きていく力の素地を育てていくためには、毎日食べる食事・食材は、何よりも重要な要素だと考えています。また、単なる栄養素や美味しいということだけではなく、その背景(作っている方々やその願い、いのち豊かな畑や田の風景、山や空や川などの自然環境、その歴史などなど)も感じていけるような取り組みにしたいと考えています。

3. ぢおら農産物導入後の様子を教えてください。
子どもたちだけでなく、大人も自然の豊かな力や土の微生物などに関心を持つようになり、食事・食材だけでなく、生ごみコンポストの取り組みや畑遊びや田植え稲刈りなど、遊びや生活スタイルなどにも広がってきています。

4.保護者の方の反応等あれば教えてください。
田植え行事参加者(保護者)のご意見を紹介します。
「毎日食べているお米がどういう風にして出来ているかが体験出来てよかったです。親も一緒に体験でき、日々感謝して食べようと思いました。また自然いっぱいなところで(我が子が)嬉しかったようです」

 


《ぢおら農産物の感想》

●福津市在住 Sさん

1.ぢおら農産物を食べる前はどうでしたか?
皮ごと料理する時に、ちょっと罪悪感がありました。
あと、野菜自体の味が薄いからか、味付けをしっかりする事が多かったです。

2.ぢおら農産物を食べようと思ったきっかけは?
子どもが小さいので、出来れば安心して食べれる野菜に変えたいなと思っていました。

3.実際に地域の農家さんから、購入してみて、どうでしたか?
顔を見て直接買えるのがいいですね。
食べ方を教えてもらったり、出来るし。
この人が作ってるんだ、と思いながら食べると感謝の気持ちも出てくるし、農家さんを応援する事に繋がるのかなと思えて嬉しいです。

 


●宗像市在住 Iさん

1.ぢおら農産物を使う前
野菜は、新鮮なものを求めて主に直売所で購入していました。
新鮮で美味しいものも多いのですが、いくつか困ったことが…
例えば、よく重ね煮(数種類の野菜を重ねて水を一滴も加えずに蒸しあげる調理方法)をするのですが、野菜の中には蒸すと薬のような気持ちの悪いにおいのするものがありました。
また、長男が非常ににおいに敏感で、「野菜(特に葉物)からおかしなにおいがする」と言い、食べられないことも何度もありました。

2.ぢおら農産物に切り替えたきっかけ
農薬などが子どもたちに及ぼす影響についての記事をインターネットや本で読んだり、専門家の話を聞いたり、実際の子どもたちの様子を見るうちに、できるだけ子どもたちのカラダに余計なものを入れたくないと考えました。
慣行栽培の野菜に時々感じる、おかしなにおいや味も気になっていたことから、無農薬無化学肥料で栽培している農家さんを探して、直接購入できるようにしました。

3.ぢおら農産物に切り替えてから
とにかく新鮮で美味しくいただけることに感謝しています。
重ね煮のときのイヤなにおいを感じることもなくなりました。
息子たちも、抵抗なく野菜を食べるようになりました。
長男は、「うちと同じような美味しくて変なにおいがしない野菜やお米を、学校給食でも食べれたらいいのに」と言っています。
私は、作った方に会って購入させてもらえることで安心できますし、おすすめの調理法など情報交換ができ、楽しませてもらっています。
それに、定期的に購入することで、畑の作物が育っていくことや野菜の旬を感じることができます。
それぞれの農家さんが手塩にかけて育ててくださった元気な野菜たちを、これからもたくさんいただきたいと思っています。

 


宗像市在住 Aさん

1.ぢおら農産物を食べる前はどうでしたか?
スーパーの野菜は新鮮でないため、近所の産直で購入していました。どのように育てられた等気になりながら、でも、無農薬野菜はどこにも売られてないなぁと思いながら、購入していました。

2.ぢおら農産物を食べようと思ったきっかけは?
子どもが食事をするようになり、子どもの身体が小さい分、体内に毒素を入れることへの抵抗感と、更
に、長期間にわたる曝露を考えると、少しでも安全な物を食べさせたいと思ったからです。

3.実際に地域の農家さんから購入してみて、どうでしたか?
安い、新鮮、美味しい 、安全 が揃っているので、大満足です。

 


福津市在中 Nさん

1.ぢおら農産物導入前は、いかがでしたか?
産直などをよく利用していました。スーパーなどは地元のお野菜などは少なく、国産でも日本各地のお野菜が並び、また海外のお野菜なども多く見られます。これらはフードマイレージなどの観点からも買う機会は少なかったです。
また、旬のお野菜は栄養価も高く、農薬の散布も少ないと考えていたからです。

2.ぢおら農産物導入の動機を教えてください。
ぢおら農産物は人参ならちゃんと人参の味がします。そんな本来の味を子ども達にも食べてほしい、知ってほしいと考えました。また、お野菜の皮付近は栄養価も高いため、安心してまるごと食べられるお野菜を子ども達にも食べてほしいと思いました。

3.ぢおら農産物導入後の様子を教えてください。
地元の農家さんが作る有機野菜は誰が作ったかわかり、ただお野菜自体が安全と言うだけでなく、作り手がわかるお野菜だから安心して食べられます。
食事の際に心がけていることがありますが、子供たちにも、毎日の献立をできるだけ話し、今日の味噌汁には〇〇さんの〇〇(野菜の名前)が入っていると話しをすると、いろいろ食べ物についてみんなで話しをするきっかけになり、子ども達もおいしいね!と食べてくれます。